腰痛でも数パターンの腰痛があります。
1.前屈(前かがみ)が苦しい腰痛。2.中腰で苦しくなる腰痛。3.背屈(後ろにそらせる)で苦しい腰痛。4.左右に捻るときに苦しい腰痛。などがあります。
今回は、1の前屈時の腰痛に関するお灸です。
 
前屈で苦しくなる原因は、前かがみの姿勢が長く続いたり、よく重いものを持つことなどです。また長時間座っていることや運動不足によっても苦しくなることがあります。
 
この時に用いる経穴(つぼ)は以下の通り
内庭
 足の第2・3指の間、みずかきの部位にとる
解渓
 足首の足背(足の甲)側にあり、外くるぶしと内くるぶしの中間にとる
 sokuhai 68b02
神仙灸法
 両膝を深く曲げた時にできる、膝裏のシワの端にとる。左右の膝の内側・外側にある。
 sinnsennkyuuhou 75d48
曲池
 肘を深く曲げた時にできるシワの外端にとる。
 joushi d0fd4
腎兪
 両肘をまげ、肘頭を結んだ線の高さが第2腰椎の高さとなり、命門穴にあたる。命門穴から左右外方1寸5分。 
 
志室
 命門穴の左右外方3寸にとる。
 
脾兪
 肩甲骨の下端の高さと肘頭の高さの中間が第11腰椎の高さとなり、脊中穴となる。脊中穴の左右外方1寸5分。
 haibu ba1ad