腰痛でも数パターンの腰痛があります。
1.前屈(前かがみ)が苦しい腰痛。2.中腰で苦しくなる腰痛。3.背屈(後ろにそらせる)で苦しい腰痛。4.左右に捻るときに苦しい腰痛。などがあります。
今回は、2.中腰で苦しくなる腰痛に関するお灸です。
 
1.前屈が苦しい腰痛と似ている部分が多いのですが、一番の原因は骨盤に関係する関節に負担がかかってしまったことです。
長時間の座位などから立ち上がるときなどに、苦しくなることが多いです。
 
このような時に用いる経穴(つぼ)は以下の通り
照海穴
 内くるぶしの下端から下に5分
 syoukai
足臨泣
 足の薬指と小指の間を足首の方に擦っていき、指のとまる処(薬指と小指の骨がぶつかる処) 
rinkyu
神仙灸法
 膝を深く曲げた時に膝裏にできるシワの内外端。両下肢の内側外側それぞれある 
 sinnsennkyuuhou
腰痛点
 手の人差し指と中指・薬指と小指の骨が合わさる処 
 youtuutenn
腎兪穴
 両肘を曲げた高さの中央(背骨上)を命門穴とし、その左右外方1寸5分にとる
 
大腸兪穴
 骨盤の高さにあたる背骨上を基準にし、その左右外方1寸5分にとる
 
白環兪穴
 殿裂(お尻の割目)の端を腰兪穴といい、その左右外方1寸5分にとる
 
 haibu