7月に入り、じめじめと暑い日が続き、気温も次第に高くなってきました。
このような季節には、扇風機やエアコン,冷たいものを多くとるようになります。
しかし、それらが実は『夏バテ』の原因となってしまいます!
今回のお灸教室はそんな『夏バテ』を乗り切るための経穴をご紹介いたします。
経穴をとるための寸法のはかり方は、『経穴をとるはかり方』をクリックしてご参照ください。
 
 
お腹の冷え
  胃の部分(上腹部)が冷える
   
《中脘穴》
臍を基準として真上に4寸のところに取る
  下腹部が冷える
 
   《関元穴》
臍を中心として真下に3寸の所に取る
youjou.1 07f13
足が冷える
  《足三里》
 外膝眼穴から下3寸
足三里穴 87ce9
  《三陰交穴》
足の内くるぶしの一番高い所から上に3寸の所に取る
katai naisoku
  《湧泉穴》
足底の最も陥凹(凹む)するところに取る
中指の付け根から踵までを三等分し、指の付け根から三分の一のところに取る
湧泉穴 bb869
全身の冷えをとる
  《曲池穴》
肘を深く曲げた時にできるシワの外端にとる。
joushi d0fd4
  《腎兪穴》
両肘をまげ、肘頭を結んだ線の高さが第2腰椎の高さとなり、中央が命門穴にあたる。命門穴から左右外方1寸5分。 
 
  《脾兪穴》
肩甲骨の下端の高さと肘頭の高さの中間が第11腰椎の高さとなり、脊中穴となる。脊中穴の左右外方1寸5分。
senaka