立春から春分までの間に吹く南風が、「春一番」と呼ばれるそうです。
「春一番」と聞くともう少しで温かくなるなぁ…と思われることでしょう。
しかし、一部の方はそう喜んでいられません。そう!花粉症の時期がやってくるのです。
目が痒い、鼻水が出る、くしゃみが止まらない、身体がだるい…等々つらい日々が続きますね。
そこで今回はこの時期から立夏まで続くであろう「花粉症」をテーマにします。
 
経穴の取り方に関しては「ここ」をクリックして確認してください。
〇花粉症予防・身体のだるさ
足三里穴
 膝の皿外下方の外膝眼穴から下へ3寸の所に取穴する。
ashisanri
湧泉穴
 足の第2趾と第3趾の間の指の付け根と踵(かかと)を結んだ線上で、第2趾・第3趾の付け根から3分の1の所に取穴する。
湧泉穴 02e02
腎兪穴
 肘を曲げ、左右の肘を結んだ線の中央にある命門穴から左右外方1寸5分に取穴する。
jinyuketsu
〇鼻水
孔最穴
 力こぶ(上腕二頭筋)の外端(親指側)を擦って肘の高さ(肘窩横紋)まで降りてくるところが尺沢穴となり、その尺沢穴からさらに下へ3寸の所に取穴する。
kousaiketsu
厲兌穴
 足の第2趾(人差し指)の爪の生え際、外側端に取穴する。
reidaketsu
〇くしゃみ
中府穴
 鎖骨の下縁を外方へ向かって擦っていき、一番凹んでいる場所が雲門穴となり、そこから下へ1寸の所に取穴する。
kyoubu
孔最穴
 (取穴上記参照)
図は上述の孔最穴で確認下さい。
〇目のかゆみ
三陰交穴
 足の内くるぶしの一番高い所から上に3寸の所で骨の際(脛骨の際)に取穴する。
katai naisoku
曲池穴
 肘を曲げた時にできるシワの外側端に取穴する。
gannseihirou4