3.経穴(つぼ)を取るはかり方(取穴)

取穴の方法には2種類あります。
 1つは「骨度法」、もう1つは「同身寸法」と言います。
一人ひとりの身長や体格などの違いがあるように、経穴(つぼ)の位置も一人ひとり違いがあります。 経穴(つぼ)を取るときには、この骨度法と同身寸法を使います。

①骨度法 その人の身長など骨格を基準として、部位ごとに寸法を決めるはかり方です。

例:下腿(ひざ下から足首まで)16寸。(下図参照)

②同身寸法 その人の手指の大きさを用いた寸法のはかり方です。